データ入力で必要な能力とは

a0990_001086

 

在宅ワークの「データ入力」というのは、ただパソコンに向かってコツコツとデータを入力していくものですが、ただタイピングができればいいというものではありません。

効率よく稼いでいきたいのならば、最低限必要な能力というものがあります。

 

 

point1タイピング

 

 

まずは「タイピングの速さ」です。

データ入力にはタイピングは欠かせませんから、このタイピングが遅いと効率よく稼ぐことは難しいでしょう。

ですが、プロ並みの速さを依頼主は求めているというわけではありませんから、効率よく稼ぐということでなければ、タイピングが遅くても問題はないでしょう。

もし効率よく稼ぎたいならば、最低でも一時間で4000文字は打てるようになりましょう。

 

 

point2ビジネスマナー

 

 

また、データ入力の仕事をするまでに依頼主とやりとりをして依頼金を決めたり、納品の期日を決めたりするため、あいさつなどの最低限の「ビジネスマナー」は把握しておきましょう。

いきなり仕事の話をし始めると、相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

今はこのようなビジネス文書のテンプレートがインターネット上にありますから、不安な方は調べてみてください。

 

 

point3オフィスソフト

 

 

データ入力は、文章を打ち込むものからエクセルで数字を打ち込んでいくものなど様々な仕事がありますから、「オフィスソフト」の使い方はある程度理解しておいた方が仕事が捗るでしょう。

いろいろなものをつかえた方が、仕事の幅も広がりますから、オフィスソフトの操作方法は覚えておいて損はありません。

 

以上のことを理解してデータ入力の仕事に臨めば、データ入力で困ることはないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ