クラウドワークスのデータ入力で月6000円稼げます

a0001_012466

 

 

h4自分に合った入力タイプを見付ける

 

 

クラウドソーシング系のデータ入力作業は、それぞれ運営するサイトによって方式や案件の違いがあります。
私の場合、最初に自分でも書きやすそうな案件がある「クラウドワークス」で、ある程度経験を積みました。

 

どの様な書き方をすれば、記事が承認されるのかというのを知る事から始めます。

 

基本的にですます調で書く案件が多いので、最初からですます調で書くクセを付けておくと良いかもしれません。
時間さけあれば、入力作業だけで月に数万稼ぐ事は割りと容易い事です。

 

その為には、メインとなる自分にあった案件があるサイトを1つか2つ、そして息抜きでやるサイトを1つか2つ見付けておく事をお薦めします。

 

時間が余った時だけ利用したいと言う場合は、まず自分の普段空いている時間に案件があるサイトを見付けて、その1ヶ所で集中的に作業するのも良いかもしれません。

サイトによっては案件の件数毎にボーナスポイントが付く事があるので、余った時間に月1万円程度稼げればいい方には、効率が良いかもしれません。

 

その他身の回りの事で言うと、テンキーが付いているキーボードがお薦めです。

無いのであれば、安価で売っているので購入しておいて損はありません。

 

そして、ダラっとした姿勢でも入力が出来る環境が良いです。

少し飽きたり疲れたりしても入力を続ける事が出来るので件数をこなす事が可能です。

 

同じ内容の作業を続けると、数をこなすのは難しくなるので、毛色の違う案件を交互にやると案外捗ります。

 

li610_02

 

checkデータ入力初心者へのアドバイス

 

 

暇な時間を活用したいとか、ちょっとした小遣いを稼ぎたいと思うのなら、在宅ワークの「データ入力」はおすすめできます。
とはいえ、データ入力をやったことの無い人にとっては、データ入力というのはわかりづらい仕事かもしれません。

 

データ入力というのは、与えられたデータを指定された形式でひたすら打ち込んでいくという比較的、単純な作業です。
打ち込むデータは依頼によって様々異なりますが、会社名、会社の所在地をネットで調べてテキストファイルに打ち込んだり、あるいは、pdfファイル中の書籍タイトルやキーワードをピックアップして表計算ソフトで打ち込んだりします。

 

スキルとしては、ネットや表計算ソフトを使えれば十分なので、どんな人でも始められるのが魅力です。
必要なのはスキルというよりは、単純作業が苦にならない真面目さ、入力ミスしない繊細さなどの、性格的な適性と言えます。
長文を打ち込むことはあまりないですし、コピー&ペーストで済むことも多いので、タイピングスキルはさほど重要ではありません。

 

最近では、クラウドソーシングサイトという、ネット上で依頼を受けて、ネットで納品できるサイトも増えました。

大手では「クラウドワークス」が有名ですね。

 

そういったクラウド系サイトに登録すれば、データ入力の依頼を見つけ、受注することはそう難しいことではありません。

 

初心者でも時給400円程度は稼げますから、週に4時間の空き時間で作業すれば、月におよそ6,000円程度、稼ぐことが可能となります。

 

魅力を感じた人がいれば、ぜひ、データ入力を一度体験してみてください。

 

li610_02

 

crowdworks_jpクラウドワークス

 

㈱クラウドワークス運営のクラウドソーシングサイト

今、最も勢いのあるクラウド業界を代表する金字塔

 

li610_02

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ