h4データ入力の基本とコツ


a0001_008147

こんにちは。
最近は、クラウドソーシングサービスが流行ってきましたね。

今まで「家で仕事したかったけど、なかなかいいのがなかった」という人も稼げる環境が整ってきました。
私もここ3ヶ月ほどクラウド系の仕事をして、月に34万円以上稼げるようになりました。

私の場合、ウェブサイトの運営もやっているので、合計で78万円は稼いでいます。
もはや下手なアルバイトよりよっぽど稼げます。

中でもおすすめは「データ入力」系ですね。
指定された単語やウェブサイトのURLを検索して打ち込んでいくだけの仕事が多く、私も何度もやったことがあります。

そこで今回は、データ入力系のコツをお教えします。
参考にしてください。


point1タイピングの早さ


だいたい、1分間に400文字ぐらい打てれば良いでしょう。
普通の人よりもちょっとタイピング早いかな」ぐらいの感覚で良いと思います。


point2打ち込むデータの種類


例えば、指定されたキーワードで検索をかけて打ち込むケース。
○○」という企業情報を検索し、その会社住所やホームページなどのURLを打ち込むというもの。

最近では飲み屋や飲食店などの店舗の連絡先などを調べて入力するタイプもあります。


point3コツは「丁寧に」


データ入力といっても千差万別で十把一絡げです。
まずは自分にできそうな案件から始めるのが一番の近道。

このデータをネットから見つけてきてください」等の簡単なものをいくつか行い、慣れてきたら住所検索や会社情報の収集など、ちょっと難しいものに切り替えていくのが望ましいですね。

li610_02

h4データ入力のおすすめポイント4つ


a0777_000027

私の、「データ入力」おすすめポイントは4つあります。


point1好きな時間にできる


1つ目は、「時間が自由」であること

やはり、外にパートなどに出ると、在宅ワークよりは、給与がいいですが、その分、時間やシフトなどは、雇い側に従うことが当たり前だと思います。
好きな時間に始めて、好きなように休め、自分のリズムを保ちながらやれると思います。

私自身、子供を学校に送り出して、家事を一通り終わり、一息ついてから始めるスタイルです。


point2子育てしながら仕事ができる


2つ目は、小さいお子さんがいらっしゃる方

お子さんがいても、少しおこづかい稼ぎしたいな。って思われる方、多いと思われます。

でも、外で働くのは・・・保育園へ。
でも自分である程度までは、子供を見たい。
そんなお母さんにおすすめです。

まだまだ、小さいお子さんは、体調を崩しやすいですし、どうしても、子供中心の生活になります。

そんな時は休憩。
子供がお昼寝している間に1時間でもあれば、少しでもいけます。


point3人間関係で悩まない


3つ目は、「人間関係

やはり、外で働くというのは、自分とは合わない性格の人間とも付き合っていかなくてはならないのは、当たり前。
以前私は、総勢100人くらいの支店で20人くらい女性がいる職場でした。

20人も女性がいると、気を遣うことたくさんです。
そんなの苦手・・・。と思われる方はおすすめです。

パソコンに向き合っていればいいからです。


point4事務職のスキルが活かせる


4つ目は、以前事務職をされていた方

私は「事務職経験者」です。

実際、作業をするにあたってパソコン入力がすばやく出来るようになったのは、事務職であったからだと思います。
今の、事務職は、パソコン無しでは難しいですよね。

パソコンに慣れていればきっと在宅ワークに役立ちますよ。

li610_02

h4データ入力の注意点


a0001_016825

最近では、職場に働きに出るのではなく、自宅でパソコンのインターネットを使って副収入を得る人がとても増えました。
在宅ワークでの「データ入力」も、その1つとして最近とても注目されています。
しかし、実際にどんなことに注意してそれを実行すれば良いのかわからない人も多いかと思いますのでそれらをいくつか挙げていきたいと思います。


point1ウィルス対策を実施


まず、データ入力以前の問題ですが、パソコンのウィルス対策がしっかりなされているかが重要です。
ネットで、クライアントと情報の受け渡しをする以上、クライアントに対してウィルス感染させるわけにはいけませんので、これはとても重要なことです。


point2ビジネスマナーを心得る


そして、ネットと言えども社会人としての「マナーを心がける」ことが大事です。
ネットで顔が見えないとはいえ、仕事のパートナーはあなたと同じ人間です。
必ずしも厳しいビジネスマナーを心得る必要はありませんが、あいさつやお礼の言葉など、最低限のマナーは逸脱しないように気をつけることが大切です。


point3正確に打ち込む


肝心のデータ入力ですが、これはもう経験と慣れしかありません。
仮にキーボードを見ずに打つブラインドタッチができなかったとしても、仕事をし続けていけば必ずできるようになります。

目安としては、10分で500字の1時間3000字ほどがまずは目標です。

ただ、データ入力はただ打てば良いというわけではなく「正確に早く打つ」ことが求められます。
いくらスピードが早くても、誤字・脱字だらけでは納品できませんのでそこは注意が必要です。


point4納期を守る


あとは、クライアントとの「納期を守る」ことも重要です。
納期までに仕事を終わらせることが、クライアントから信頼を勝ち取るための第一歩だと思って間違いはありません。

自宅でのデータ入力は、好きなときに始められて、好きなときに止められますので自由度は高いです。
そのメリットを活かしてこれから頑張ってみて下さい。

li610_02

h4データ入力の仕事を実際にしています


data

私も、「データ入力」を始めたいと思った時に、正直に言えば戸惑いがありました。
パソコンのスキルと言っても、オフィスがこなせる程度ですし、データ入力の会社に登録して後々費用が必要だと言われるようなことがないかと言う懸念もあったからです。

そんな私が初めて登録したのは、初心者でも支障なく挑戦できる「 シュフティ 」でした。
家事や子育ての合間でしたが、自分のペースで稼ぐことが出来ました。

データとして打ち込む内容については当然のことながら守秘義務がありますので、在宅ワークと言えども、その点はしっかり順守する必要があります。
また、タイピング速度は速いのにこしたことはありませんが、私はオフィスの資格も取得しておりませんが、それでも自分で作業時間と生活の中からデータ入力に費やせる時間配分を上手に活用すれば、特別、問題なく作業が出来ています。

個人差があるので、一概には言えませんが、月に23万円まで報酬が得られたこともありました。
平均にすると、月に8,000円程度の収入になっています。

それでも、家事や子育ての隙間時間を有効利用して出来るので、思い切ってデータ入力と言う仕事をして良かったと思っています。
お金を稼げると言う目的を果たせるのはもちろんのこと、仕事をしていると言う充実感があり、忙しい合間にも仕事をこなすと言うことで、生活にメリハリが出来て充実感も得られます。

誰でも簡単と言う触れこみが多いデータ入力ですが、やはりやるからには責任感と慎重さ、冷静さが必要だと今でも言い聞かせながら継続しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ